人間ドックのPET検査を受診した際の注意事項

###Site Name###

近年の人間ドックではオプションとして、PET検査が受けられるようになっています。

さらに現在のPET検査ではPET-CTというものがあって、PETとCTを併用した機械によって検査が受けられる医療施設が増えています。

CTで身体のスキャンを行って身体の白地図を作ってから、続いてPET検査を行うことで身体のそれぞれの臓器や部位において、糖の代謝がどのぐらい起こっているのかスキャンによって情報を得る検査となります。

糖の代謝の程度については、白黒の濃淡が色が濃いことや、赤に近い反応が出たときには糖代謝が活発に起こっていることを表わすものとなります。



CT検査とPET検査の結果を重ねることによって、身体の中のどこにがんを発症している危険性があるのか把握することができます。

人間ドックでPET検査を選択するときには、FDGという名前の放射線医薬品を使用することになりますので、被ばくの危険性のデメリットがあることを知っておく必要があります。

人間ドックと骨密度との上手な付き合い方をお知らせします。

また、胎児の被ばくを避ける必要がありますので、妊娠中の女性や妊娠の可能性のある女性は検査を受けることは禁止されています。



FDgを投与してからは半日ほどの期間において放射線を放出することになりますので、子供や赤ちゃんを抱っこする行為などは避けることが勧められます。

FDGの影響は母乳の中に移行することになりますので、授乳中の方が人間ドックのPET検査を受診したときには、検査を受けてから1日ほどは授乳を避ける必要があります。